教主からのメッセージ

人類への期待

2021/12/5  

今年も残すところ、あとわずかとなりました。 この一年をあらためて振り返ってみて、皆様はどのような思いを持たれるでしょうか。 「歴史の一ページに刻まれるような」という表現がありますが、私たちはまさしくそ ...

感謝という選択

2021/10/8  

秋の稔りの感謝祭、まことにおめでとうございます。 この感謝祭の時節を迎えるたびに、私はしみじみと「恵み」ということの有難さを思わずにはいられません。 神様は、自分たちが当たり前に生きているのではない、 ...

つつしみをもって生きる

2021/9/6  

九月になりました。秋はお彼岸の季節であり、例年ですとこの時期は家族でゆっくりお墓参りをして、彼岸・悟りにむかって尊い行(ぎょう)をいとなんで参りましょう――ということをお伝えしているのですが、残念なが ...

万策尽きた、その先に

2021/8/5  

暑い盛りですが、皆様お変わりはありませんでしょうか。 まだまだ厳しい暑さは続きますが、七日の立秋を過ぎれば、季節の上ではもう「残暑」とよばれます。 朝夕の風にほんの少し涼しさを覚えたり、ひぐらしの鳴く ...

この世を活かす言葉

2021/7/3  

令和三年も半年を過ぎ、いよいよ一年越しの東京オリンピックが開催される時期となりました。 世の中は一時でもこのコロナ禍の現状を忘れ、華やかなオリンピック一色に染まり、人々の気持ちも高揚感と共に一つとなり ...

凡事(ぼんじ)徹底(てってい)

2021/5/14  

令和三年かむながらのみち例大祭、まことにおめでとうございます。 このコロナ禍という状況における大祭は、昨年に続き二度目となりました。 皆さまの胸の内には、昨年とはまた異なる様々な想いが去来していること ...

no image

新しき生活の創造

2021/4/5  

四月となり、いよいよ本格的な春を迎える時節となりました。 水はぬるみ、鳥は歌い、花は咲き、風はその薫りを運ぶ――そのような自然の営みを感じるにつけ、人が右往左往している間にも、確実にその歩みを止めない ...

no image

歓天喜地(かんてん きち)

2021/3/5  

今年も早や三月、厳しかった冬も終わり、あたたかな春を迎えようとしております。季節の移ろいと共に、世の中の景色も変わってまいります。同じ春でも昨年の春と今年は違うように、この世のすべてに常なるものはあり ...

no image

善き友となる

2021/2/5  

二月も節分を過ぎ、立春を迎えますと、いよいよ本格的な春を迎えることとなります。 まだまだ寒さが厳しい時節ではありますが、大自然の運びは確実に新しき年の始まりを示しています。 先月初めに緊急事態宣言が出 ...

no image

笑う門には福来たる

2021/1/6  

令和三年、今年も新春のおとずれを皆様と共に心よりお慶び申し上げたいと思います。 「このような状況ですが」という言葉が、何か決まり文句のようになってしまった昨今、お互い様に例年と異なる新年を迎えているこ ...

Copyright© かむながらのみち , 2021 All Rights Reserved.