ホーム | お問い合わせ | サイトマップ


平成27年4月
(教主からのメッセージは毎月更新されます)


 

ご法脈の尊さ

 

 


 今年は弘法大師空海、すなわち「お大師様」が高野山に密教の道場を建立なされてから千二百年という節目の年に当たります。
 高野山では「開創千二百年記念大法会」として、今月四月二日から来月二十一日にかけての五十日間、高野山真言宗を始めお大師様にゆかりのある寺院・団体による法会が毎日営まれております。
 私どもとご法縁深い真言宗醍醐派總本山醍醐寺におかれましても二十五日、伽藍金堂において開創記念慶讃法会を厳修されるとのことです。当日は私も全国有志の会員さんと共に参座することとなっております。
 皆様ご存じの通り、弘法大師空海は平安時代初期に中国から真言密教をもたらし「真言宗」の宗祖として知られておりますが、同時にお大師様の信仰は広く日本全国へと行き渡っております。実は私自身と道祖・解脱金剛様とのご縁を結んで下さったのも、このお大師様への信仰だったのです。
(続きはこちら)

北川慈敬   きたがわ・じけい
宗教法人かむながらのみち教主。1937年大阪府に生まれる。11歳で宗教法人解脱会に入会。21歳で布教活動に入る。以降、各地に布教所を設け、布教に専念する。1999年2月解脱会を離れ、同年5月かむながらのみちを創立。
ホームページの先頭へ