ホーム | お問い合わせ | サイトマップ


平成26年10月
(教主からのメッセージは毎月更新されます)


 

未来への第一歩

 

 


本日は、かむながらのみち立教十五周年記念式典、まことにおめでとうございます。
思えば亡き会長・北川和男と共に、横浜市磯子区岡村の地において、この「かむながらのみち」という教団を立教させていただきましたのが平成十一年五月五日のこと。その時はまだ数百人規模の、本当に小さな集まりでございました。
それから年ごとにみ教えを学ばれる方が着実に増え、今こうして二千人の皆様と共に、ここ日比谷公会堂において十五年の佳節を祝う式典を催すことが叶いました。これもひとえにご出席賜わりました多数のご来賓の先生方を始め、多くの諸先生、諸先輩方のご指導ご鞭撻の賜物であると深く感謝致しております。
また、本日ここにお集まりいただきました会員の皆様、そのご縁でお越しいただきました多数のゲストの皆様と共に、この佳き日を祝えますことを大きな歓びをもって受け止めております。さらに本日この式典開催のためには多くの方々のご尽力をいただきました。まことにありがとうございました。
さて、一口に十五年と申しましても、その間には実に様々な出来事がございました。本日の式典の冒頭で、この十五年を振り返る映像が流れておりましたが、昔と今とを比べてみますとまさに隔世の感が致します。
(続きはこちら)

北川慈敬   きたがわ・じけい
宗教法人かむながらのみち教主。1937年大阪府に生まれる。11歳で宗教法人解脱会に入会。21歳で布教活動に入る。以降、各地に布教所を設け、布教に専念する。1999年2月解脱会を離れ、同年5月かむながらのみちを創立。
ホームページの先頭へ